「中小企業が伸びるか否かは資金調達力で決まる」と言われることがあります。確かに事業を拡大するには資金が必要不可欠です。この「資金調達力」とは一体どの様な力なのでしょうか。

ご相談に来られるお客様の中には、本来は融資を受けられる内容であるにも関わらず、財務スキルの不足や、調達戦略の誤り等で、資金調達に苦労しておられる方も多くおられます。

その場合、当事務所にて調達戦略を組み換え、説明資料の作成をお手伝いすることで、ご自身では出来なかった資金調達が出来るようになります。

一般的には、これらのスキルを資金調達力と考えることが多いようです。


◆ 本当の資金調達力とは

銀行融資プランナー協会が考える資金調達力とは、このような目先の資金調達を成功させるスキルでは無く、永続する企業活動において、事業拡大に必要な資金を、調達し続けられる仕組みを持つことだと考えております。


◆ 本当の資金調達力を身につけるための必要条件

資金の出し手は金融機関ですので、金融機関と円滑な関係を構築することが必要です。決して敵対してはいけません。金融機関と円滑な関係を構築するためには、彼らが求める最低限の経営品質を有していなければならないのです。

月次試算表と資金繰り表による財務管理体制です。

最近では、試算表と資金繰り表の提出を融資の条件とする制度融資を作るほど、金融機関は試算表と資金繰り表の作成を融資先に求めています。


◆ 日頃から資金調達に備える

お客様のほとんどは、資金調達のニーズが発生してからご相談に来られます。ご自身でしっかりと準備をしてこられる方もおりますが、中には準備をすることなくご来所される方もおられます。

これは受験の準備を全くしていない方から『明日の受験に受かる方法を教えてください』とご相談されるようなものですので、ご要望にお応えできないこともあります。

ただ、明日の受験は無理でも、来年の受験に受かる方法をお伝えすることは可能です。

資金調達のニーズが発生してからアクションを起こすのではなく、調達の計画を事前に立て、しっかりと準備をしておく事が資金調達力の強化につながります。

資金が必要になってから慌てることがない様、今のうちから財務管理体制の構築に取組んでみてはいかがでしょうか。

人員の少ない中小企業様でも、大きな負担なく取組まれている実績が多くあります。


銀行対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

※ 当該コンテンツは、当事務所が正会員として所属する一般社団法人銀行融資プランナー協会のコンテンツを配信しております。

〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

〇 コラムに関するご意見、ご感想、経営に関するご相談などございましたら、メッセージをお願いします。

※ 当事務所は、社長の資金繰りの負担を軽減するための、『キャッシュフローの番人』財務コンサルティング業務を、税務顧問業務とは別に行っています。ご相談がありましたらお問い合わせください。