HOME > 税金豆知識 :経営・会計・労務

税金豆知識

税金豆知識 のカテゴリーを選んでください。

経営・会計・労務

総数73件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

我々、銀行融資プランナー協会の『新・税理士』は、その突出した新サービス『資金繰り円滑化サービス』を開発しました。

クライアント(候補)の様々な財務・金融事案に対応できます。
今回は、その事例の一部概要を紹介します。

====================

○ 事例1.

創業融資の応用編、創業融資要件不足の補完と協調融資で15百万円満額調達した事例。(飲食業A氏)

「自己資金5百万円で政策金融公庫に創業融資10百万円を申し込みに行ったが、受け付けはしてくれたものの、ネガティブな対応を受けた」(A氏)と暗い表情で訪ねてこられました。

内容を確認すると、政策金融公庫の創業融資要件をいくつも満たしておらず、このままでは融資が実行されないのは明らかです。

一旦融資の申し込みを取り下げて、案件の再構築を行いました。提出書類の作り直しと申し込み金額の引き下げ、不足分は他行との協調融資で満額の15百万円を調達しました。

====================

○ 事例2.

リスケ実行のための「経営改善計画書」の策定事例。
多くの資産を保有し、直近借入もあり、少々難解な事例。
(サービス業B社様)

主要取引先との取引条件変更のために、売上が激減して窮地に立っていた社長様が来所されました。

直近に借入れた融資もあり、「金融機関はリスケに応じない」とのことでした。直近に借入れを起こした金融機関との関係の調整等難航しましたが、経営改善計画書を作り込んで元金返済0円のリスケを実行しました。

====================

○ 事例3.

約定返済が厳しくなる中で、「リスケやむなし」と来所された社長様。借入れの一本化・返済期間の変更等で、リスケを行わず、追加の資金調達を行った事例。(広告企画業C社様)

「リスケしたいので相談に乗って欲しい。」と社長様が来所されました。内容を確認すると、リスケではなく新規の借入れを起こせる財務状況にありました。

新たな借入れの実行と、既存の借入れの一本化により、手元資金を確保した上で、返済を続けています。

====================

○ 事例4.

リスケ実行中の社長様が相談に来られました。
リスケの解消と同時に追加資金調達を行った事例。
(製造業D社様)

リスケ中にもかかわらず、相当額の返済を続けている社長様が来所されました。「メインバンクとはコミュニケーションがうまくいっていない」とのことでした。

返済額の減額か?と当初考えましたが、内容を確認したところ、融資の他行組み換えによるリスケの解消と新規融資の実行で解決しました。手元資金を新たに確保した上、正常先に格上げされました。

====================

○ 事例5.

借入れが困難な会社様に対する「資金繰り円滑化サービス」の実施事例について。(食品加工業E社様)

「新たな借入れを起こしたい」と社長様が来所されました。内容を確認すると、明らかに新規融資は受けられません。なぜ、どの辺が無理なのか?どうすれば融資を受けられるようになるのか?を説明して納得いただきました。

「資金繰り円滑化サービス」を受けながら、資金繰り対応を丁寧に行って経営に励んでおられます。

====================

○ 事例6.

業績が急激に伸びている会社様に対する「資金繰り円滑化サービス」の実施事例について。(広告企画業F社様)

創業二年目でありながら、業績急成長の社長様がおられます。「資金繰り円滑化サービス」の利用を始めていただきました。当所が財務部長的な役割を果たします。

等々

====================

当事務所は、財務・金融に突出した対応力を持っています。

資金は経営の血液です。
厳しい時も、余裕がある時も、備えることが重要です。貴社のキャッシュフローの番人業務を当事務所の『新・税理士』にお任せください。財務部長的な役割を担います。

まずは、ご遠慮なく相談ください。

――――――――――――――――――――

〇 銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、突出した金融機関対応力を有しております。

〇 補助金・金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

〇 コラムに関するご意見、ご感想、経営に関するご相談などございましたら、下記相談フォームからお願い致します。
⇒ http://kawasaka-tax.com/cathand/otoiawase.php?serial=03856

※ 当該コンテンツは、当事務所が正会員として所属する一般社団法人銀行融資プランナー協会のコンテンツを配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
川阪税理士事務所
(一般社団法人銀行融資プランナー協会正会員)
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi-detail4

設備資金の調達に関するご相談の中で比較的多いご質問が、「当社はいくらぐらい調達できますか」というものです。

====================

質問の背景にあるのは、「設備投資の計画を立てるために、調達出来る金額の目処を知りたい。」ということでしょう。

しかし、貸し手の立場からすると、計画が決まっていない段階では検討のしようがありません。ニワトリが先か卵が先かという話ですが、「借り手が先に計画を立て、必要な金額を決めてから融資を依頼する。」のが正しい順番です。

ただ、「調達できるかどうかも分からないのに、見当違いの計画を立てても仕方ない…」という理屈も良く分かります。

あえてお答えするならば、「常識の範囲内で計画を立ててください」となります。「銀行の常識は世間の非常識」等と言われることもありますが、おおよそ常識の範囲内でわかることがほとんどです。

====================

例えば、現在10坪、月商80万円の飲食店を一人で運営している方が、「1億円をかけて150坪のペットショップを出店する」という計画を立てたとします。

世間一般的には、「畑違いの事業への進出」や「事業規模の大幅なランクアップ」等を成功させるのは難しいとされています。

もちろん例外的に成功できる突出した経営者も中にはいます。

あなたがもしそうであったとしても、貸し手はそのリスクを取りません。一般的に成功する確率が高いとされる計画を選びます。あなたがどう考えるかでは無く世間はどう考えるかという目線が必要です。

====================

■ 設備投資及び設備資金調達の流れ

1.事業計画を立て、計画に必要な金額を算出する。
2.計画に必要な資金のうち自己資金と借入の割合を考える。
3.資金繰り計画を立て、借入の返済が可能かどうかを確認する。

上記の結果、返済が可能な資金繰り計画が出来上がれば、事業と借入のバランスがとれていることになります。

====================

■ 注意点

この時に気をつけたいのが売上の見込みです。
あなたが突出した経営者であっても、近隣同業他社と比較して、一般的に可能と思える数値を見込みとしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● セミナーDVD販売のお知らせ!お勧め!

『中小企業経営者が押さえておくべき銀行取引の基本ルール10と3つの事例』(90分・レジュメ付き)

・ 費用:3,800円(消費税別)
⇒ 『HP見ました』とメッセージを添えていただけると、2,000円(消費税別)で販売致します。

※ DVDのお申し込みは、下記相談フォームからお願い致します。『DVD希望の旨』と『HP見ました』のメッセージをお伝え下さい。

⇒ http://kawasaka-tax.com/cathand/otoiawase.php?serial=03856

==セミナーDVDの内容(抜粋)==

○  受講者様76名・アンケート有効回答数69名、本セミナーの満足度は97%と大変好評でした。

○  以下、アンケートからのコメント(抜粋)
・「銀行からの融資の仕組み、取引のポイントについてわかった」
・「目からうろこでした。」
・「銀行には『日傘』しかない、この発想がおもしろかった。」
・「メッセージが明確でわかりやすい。」等々

■  銀行は『晴れの日にはお金(傘)を貸して、雨が降り出したらお金(傘)を返せと言う』、こう嘆く方は少なくありません。今一度銀行の成り立ちと、ビジネスモデルを理解してください。銀行は…『日傘』しかありません。…後略

■ 『金利負担を気にせずに、借りられるだけ借りよう』と提案しています。中小企業の資金政策に対する誤解があります。…後略

■事例1:リスケ解消と同時にニューマネーを調達した事例
■事例2:融資要件が不足していた創業融資事例
■事例3:円満にリスケを実行した事例

------------------------------------------------------
講師:一般社団法人銀行融資プランナー協会 
代表理事 田中英司
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※ DVDのお申し込みは、下記相談フォームからお願い致します。『DVD希望の旨』と『HP見ました』のメッセージをお伝え下さい。

⇒ http://kawasaka-tax.com/cathand/otoiawase.php?serial=03856

――――――――――――――――――――

〇 銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、突出した金融機関対応力を有しております。

〇 補助金・金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

〇 コラムに関するご意見、ご感想、経営に関するご相談などございましたら、下記相談フォームからお願い致します。
⇒ http://kawasaka-tax.com/cathand/otoiawase.php?serial=03856

※ 当該コンテンツは、当事務所が正会員として所属する一般社団法人銀行融資プランナー協会のコンテンツを配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
川阪税理士事務所
(一般社団法人銀行融資プランナー協会正会員)
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi-detail4

==迷った時・悩んだ時の6つの判断指針==

総大将たる社長には、物事を決断する責務があります。
「これは良い」、「これは悪い」、「これはやる」、「これはやらない」、「これは続ける」、「これはやめる」、「これはもっとやる」、「これは減速する」…等々、多くの判断を日々行っているはずです。

過去の判断の結果の良し悪しの結集が、現時点の経営状況そのものです。過去の判断が総じて正しければ、現状で良い結果が出ているはずです。今、上手く行っていなければ、それは過去の判断の結集が正しくなかったということです。

将来の経営を良くするためには、今からの判断の精度を向上させることしかありません。

一つ一つの判断をより丁寧に、正しく行いましょう。

====================

@ 悩んだら、アッパーでニッチに向かってください。
A 悩んだら、近いところ(地上戦)から攻めてください。
B 悩んだら、強いものに絞ってください。
C 悩んだら、自分の考えを信じてください。
D YESかNOの判断だけではなく、程度加減を決める判断の方が多いことを知ってください。
E ベストを求めていたのではGOの判断はできません。ベターで良しとして始める癖をつけてください。

以下、判断基準、判断時の考え方6か条をご提案いたします。

====================
                            
@ 常に『アッパーニッチ』(ロアマス→×)を目指してください。

商品やサービスの開発や市場の開拓時には『アッパーニッチ』を狙いましょう。絶対に『ロアマス』は狙わないでください。

⇒『アッパーニッチ』とは、高級、高付加価値ゾーンのスモールマーケットのことです。

⇒『ロアマス』とは、低価格帯のBIGマーケットのことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

A まず『地上戦の営業』(空中戦の営業→×)を企ててください。

新しい物やサービスを世に問う時には、まずは自分の足で、自分の人脈の範囲内から攻めてください。空中戦は、地上戦で加速を付けた後に行います。

⇒『地上戦の営業』とは、自分の人脈の範囲内での営業活動のことです。

⇒『空中戦の営業』とは、マス媒体を活用する営業のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

B 『エコ贔屓の経営』(総花的な経営→×)を行ってください。

経営資源は、強いもの、伸びている所に集中して投下してください。総花的になってはいけません。人事においても、伸びている人をさら伸ばす…まずはこれです。

⇒『エコ贔屓の経営』とは、長所に集中する経営のことです。

⇒『総花的な経営』とは、分散する経営のことです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

C 『ワンマンな経営』(協議の経営→×)を行ってください。

衆智を集めることは重要です。
しかし、結論を協議して出す…これは正しくありません。
社長一人が全責任を負って決めてください。

⇒『ワンマンな経営』とは、経営判断は社長が一人で決める、この自覚を持つ経営のことです。

⇒『協議の経営』とは、協議して経営判断を下すことを意味します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

D 『程度加減の判断』(YESかNOの判断→×)を意識しながら経営してください。

経営判断の多くは、YESかNOではなく、もっと早く、もっとたくさん、いや、セーブして…このように程度加減を決めることが多いものです。経営とは程度加減を図っている…この認識を持って判断してください。

⇒『程度加減の判断』とは、その程度加減を決めることです。これが難解です。

⇒『YESかNOの判断』とは、その判断の可否を決めることです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

E 『ベターな経営』(ベストな経営→×)を目指してください。

経営の場で、ベストな状況に遭遇する機会は稀です。ベストにこだわり過ぎると前に進めません。経営はベターの集合体である…この達観が必要です。

⇒『ベターな経営』とは、ベターを良しとする経営のことです。

⇒『ベストな経営』とは、あくまでもベストありきで進める経営のことです。

――――――――――――――――――――

〇 銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、突出した金融機関対応力を有しております。

〇 補助金・金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

〇 本情報の信頼性の向上には最善を尽くしていますが、その正確性を保証するものではありません。

〇 コラムに関するご意見、ご感想、経営に関するご相談などございましたら、下記相談フォームからお願い致します。
⇒ http://kawasaka-tax.com/cathand/otoiawase.php?serial=03856

※ 当該コンテンツは、当事務所が正会員として所属する一般社団法人銀行融資プランナー協会のコンテンツを配信しております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
川阪税理士事務所
(一般社団法人銀行融資プランナー協会正会員)
http://www.bankfinancial-planner.com/madoguchi-detail4

総数73件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

メルマガページ

contents

助っ人ブログ

税金豆知識

川阪税理士事務所
〒533-0005
大阪府大阪市中央区
船場中央1-4-3 船場センター
ビル3号館 221号 222号
【TEL】06-6263-0337
【お客様・お問い合わせ専用】
0120-889-411
【FAX】06-6263-0338
【受付】9:00〜17:00
【定休日】土曜・日曜・祝日
【税理士登録番号】107138